失敗しないのぼりを制作するためのポイントは?

のぼりのデザイン制作といっても、デザインは無数にあります。

どうすればインパクトのあるのぼりになるのでしょう。

3つの要素など概略をお話ししましょう。

▽色、キャッチ、デザインの3要素。

のぼりの要素は「色」、「キャッチ・タイトル」、「デザイン」の3つです。

目立たせたいと思うなら暖色系の原色を地色に使いましょう。

キャッチやタイトルは短めで歯切れの良いフレーズを2つにつなげたもの。

デザインは、メリハリがあって何を伝えたいかがハッキリしたものです。

また入店動機を高めるための呼びかけやインセンティブも大事です。

▽要素は極力絞ってシンプルに。

いろいろ要素を入れすぎて、何が書いてあるのか、何を伝えたいのかがわからないのぼりが希にあります。

のぼりは縦長の小さなスペースなので、要素を絞って極力少なくすることがコツ。

少なくすることでデザイン的にメリハリが付けられ、訴求したい内容がダイレクトに伝わるようになります。

何でも入れれば良いというような漠然としたのぼり制作では、良い仕上がりが得られません。

▽のぼり制作の既製品サンプルを参考にするか、のぼり制作店に足を運んでオリジナルのぼり旗の作品を見せてもらいましょう。

「要素を少なくする」といっても具体的なイメージがわかないと思います。

そこで既製品のサンプルをネット検索で探して参考にしましょう。

オリジナルのぼり旗は出ていないことが多いので、実際ののぼり制作店に行って見せてもらいましょう。

相当な数の事例があるので参考になります。