のぼりを依頼するなら激安店?それとも専門店?

のぼりの制作を請け負うお店でもいろいろな形態があります。

目的・用途にあわせて選択することが肝心です。

それぞれの概略をお話ししましょう。

▽完全入稿データが初心者のネックになる。

依頼するのに「激安店は避けるべき」というのは、激安店ののぼりが粗悪だからというわけではありません。

理由はいくつかあります。

1つは完全入稿データののぼり店が多く、初心者では仕上がりに問題が生じるからです。

完全データというのは、そのまま印刷にまわせるデザインデータを意味しています。

ヘタなデザインでも内容に不備があっても、そのまま製品になってしまいます。

▽3カ月程度の短期の利用であれば激安店。

2つめの理由は、激安店は安い生地やインクを海外から大量に仕入れして使用しているので、劣化・変質のスピードが速いということです。

3カ月程度の使用には問題ありませんが、半年~1年ほど使用していると、生地もインクも劣化します。

通常は3カ月ごとに頻繁にのぼりを作り替えるスーパーやコンビニ、ファミレス、旬が売りの個店レストランなどで使用されます。

▽のぼり制作所には、激安店、総合店、専門店の3種があります。

使い方にあわせて発注先を選びましょう。

激安店は、短期利用で大量にのぼりを使う場合。

総合店はのぼりだけではなく、横断幕や懸垂幕も使う場合。

専門店は量より質が大事で少量しか使わない場合です。

専門店は専任のデザイナーが付くので、初心者でもしっかりサポートしてくれ、プロ並みの仕上がりにしてくれます。